迷走!三十路道 〜オーストラリア留学準備編〜

2020年2月~オーストラリア・パースに留学予定。現在準備進行中!

MENU

【英語】あえて業火の中へ飛び込むのもまた一興

こんにちは~。

 

現在は休学中ですが私、今年の2月まで通訳学校に通っておりました。

そのときの学んだ思い出や成果なんかをつらつらと書き連ねる今回です。

 

○ そもそも通訳学校って?○

この疑問がほとんどの人の頭に浮かんだかと思います。

私も初めは「なんのこっちゃ?英会話スクールと同じじゃないのかい?」と思っておりました。

 

通った人は知っている…

 

全然、違います。

 

何が違うと言われたらそれはもう様々ですが、まず

・勢いやノリ、ボディーランゲージは通用しない

・基本、大きく褒めてもらうことはない。それを望む人は不向き

 

という大前提がある感じです。(主観ですが)

 

○勢いやノリでは絶対に乗り切れない○

これは何かというと、実に単純な話なのです。

 

文法・構文力、単語力がきちんと体に染み込んでいないと通訳(訳出)はできないのです。

・日本語→英語

・英語→英語

 

これを即座に伝えるのってやってみるとわかるのですが、

本当に、

自分が思っている以上に、

恐ろしくできない!

 

通学後は言葉のみで全てを伝える方々への尊敬が日々止みません…!

 

ヘッドセットをつけるとそこから英語が流れ、一度停止されたら日本語を出す、という逐次通訳訓練が主だったのですが、

聴いたそばから記憶が消えていくんですよ、これが。

人の記憶力の脆さを知った瞬間でした。

 

音声が進めば進むほど始めの文は忘れるし、記憶を辿ろうとすると後の英語を聴くのはおそろかになる&日本語は全てグズグズ。

 

私のようなド素人ならわかりますが、バイリンガルの方やTOEIC900点を超える方も同様の現象が起きていました。もちろん私のような酷さではなく、高いレベルの中での「できない」ですが 笑

 

「英語が話せる、日本語が話せる」だけでは太刀打ちできない訓練だと実感しました。

 

○褒められたい人は不向き○

通訳を生業にする方々に教えて頂くと、プロの多岐に渡る知識の深さ、英語力、日本語力を目の当たりにします。

 

そんな猛者の中へ飛び込むので大抵の人の知識は先生以下です。

ですが先生、容赦はしません!笑

 

訳出や言葉のチョイスが間違っていたら静かに、できるまで何度でも生徒に問い続けます。

訳出に問題がなければさらっと次へ参ります。

先生自身も常に「ベストな訳出は何か」を考えているので、満足なんて早々しません。

 

そのシビアさが原因かはわかりませんが、

クラス開講から期末テストまでに何人かは必ず減ってました。

私は能天気族なので、

呆れられようが哀れまれようが毎週堂々と登校しておりましたが( ̄▽ ̄)

 

折れない心を持って通学されることをおすすめ致します 笑

 

あ、ちなみに私が教えて頂いた先生方は総じて優しくて真摯で素晴らしいですよ!先生の生暖かい目が懐かしく感じる私はドM…( ・∇・)

 

○通訳学校で得たもの○

落ちこぼれに落ちこぼれまくっていた私ですが、それでも継続は力なり。

 

多くのことを学びました。

 

・予習復習の習慣化

これをしないと翌週の復習タイム(前週の訳出を通しで録音)や初見教材に立ち向かえません。

 

毎日、

シャドーイングで口慣らし→訳出録音→聴く→ダメだったところを検討して再度訳出

という作業を繰り返していました。

 

それが終わったら翌週の初見教材テーマの予習。出てきそうな単語を調べてノートに書き留め、それも口に出せるように練習。

 

そんなこんなをしているうちに、「帰宅後は勉強」というのが普通になりました。

 

そのおかげで現在も平日休日関係なく、また、ストレスなく勉強できています。

 

・仲間と助け合う

スピード感がある授業を約3時間なので、先生の説明や模範訳出などどうしても聞き漏らしが出ます。

 

そこでどうするか?

 

クラスの仲間に尋ねるのです

大人になると気軽に人様に何か尋ねるという機会は減るので緊張しますが、三人寄れば文殊の知恵とはよく言ったものです。

 

自分が捉えることができなかった情報をたくさんくれます。そしてさらに、その仲間の方の訳出を伺うのもとても勉強になります。

自分にはなかった視点とかアイデアとか。頭が柔らかくなる感覚がゲットできること間違いなし!

 

そしてきわめつけは…仲良くなれます!笑

成人しても友達が増えるのってなんだか嬉しいものです…。

これも「学校」の良さかなぁ、としみじみ。

 

基礎学習の重要性

毎週単語テストと構文テストがあるので、地道に覚えました。まさに学校。

予習復習に加えてテストなのでなかなかハードですが、ある程度の強制力があった方が勉強は捗ります。

やっていくうちに、明らかに記憶に時間がかからなくなってきました。

 

先生が、「記憶力は通訳に必須。これは初めは個人差によるものが大きいけど、努力すれば間違いなく誰でも伸びるよ」

と仰っていたこの言葉は本当でした!

 

○まとめ○

英会話学校ももちろん素敵ですが、

もし厳しさの中でも楽しめる!という方でしたら個人的には通訳学校を激推しします!

 

毎日、毎週のタスクをきちんとこなせば絶対に英語力があがるということを身を以て味わって病みつきになると思います(゚∀゚)

 

本日もお読み頂きありがとうございました。